「iPhone SE(第4世代)」はiPhone 14ベースに? USB Type-C対応で2025年以降発売か

もともとは、2024年にリリースとのうわさがあった「iPhone SE(第4世代)」。2022年末には開発が中止されたと報じられたものの、2023年2月には開発が再開されたと伝えられるなど、出るのか出ないのか、はっきりしない状態が続いています。

 そんな中、米テックメディアのMacRumorsが、iPhone SE(第4世代)の新しい仕様を入手したと報じました。それによると、iPhone SE(第4世代)の本体サイズはiPhone 14(71.5×146.7×7.8mm)と完全に一致しており、iPhone 14のシャシーを修正したバージョンが使われる可能性が高いとのこと。iPhone SE(第4世代)は、以前からディスプレイサイズが6.1型になるとうわさされていましたが、それもiPhone 14(6.1型)がベースになることを裏付けているようです。また、iPhone 14がベースになるということで、iPhone SE(第4世代)ではTouch IDが廃止され、生体認証はFace IDのみとなります。

 ただ、当然ながらiPhone 14と全く同一ということでもありません。例えば、重さはiPhone 14よりも6g軽量になるとされています。これは、iPhone 14のデュアルカメラと違い、iPhone SE(第4世代)がシングルカメラになるためと考えられます。このシングルカメラは「Portland」というコードネームで開発された48MPカメラとのことで、画素数だけでいえば、iPhone 15に並ぶことになります。MacRumorsによると、Appleの社内文書では、このシングルカメラ化がiPhone 14からの重要な変更点だと強調されているとのことです。

 この他、iPhone 14との違いとしては、iPhone 15シリーズと同じくUSB Type-Cポートを搭載。ミュートスイッチの代わりに、iPhone 15 Proに採用されたアクションボタンが搭載されます。

 Appleは2024年リリース予定のiPhone 16シリーズで、このアクションボタンを全モデルに標準搭載すると予想されています。ただ、iPhone SE(第4世代)に関しては、現在の開発状況を見ると2025年のリリースになるだろうとのことです。

ただ、このリリース時期が2026年にずれ込む可能性があるとの指摘も出ています。

 iPhone SE(第4世代)には、Apple独自の5Gモデムが搭載されるとの話が以前から出ています。Qualcomm製ほどの性能が出せるか未知数のため、まずは廉価版のiPhone SE(第4世代)に搭載し、その結果次第で2024年発売予定のiPhone 16に採用するかを検討するといわれていました。

 この開発が難航しているという話はたびたび伝えられており、iPhone 16シリーズのテストケースになるはずのiPhone SE(第4世代)が2024年にずれ込んでいることからも、開発計画が大きく遅延していることが分かります。

 Appleの内情に詳しいBloombergのMark Gurman氏によると、当初2024年までにリリース予定だったApple製モデムチップのリリースを2025年春に延期。それを達成することも難しく、現在は2025年末~2026年初頭に延期されているとのことです。iPhone SE(第4世代)に搭載するという計画に変更はないようなので、このままだとiPhone SE(第4世代)も2026年まで発売できないことになります。

 本当にiPhone SE(第4世代)の発売が2026年にずれ込むのであれば、2022年3月に発売した現行のiPhone SE(第3世代)を2026年まで継続販売する可能性があります。さすがに4年は長いので、iPhone 16シリーズ発表に合わせて、iPhone SE(第3世代)の販売を終了するのではないかと思います。その場合、iPhone 14を大きく値下げして穴埋めを図るかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です