AQUOS sense8の売上、発売わずか2週間で約5ヵ月前リリースのXperia 10 Vを超えた模様

シャープのSD6Gen1搭載の最新ミッドレンジモデル、AQUOS sense8。

先日、シャープ公式ストアでも完売状態になるほどの人気、という件についてお伝えしました。

そして今回、このAQUOS sense8の売上が発売2週間ほどですでにライバル機種のXperia 10 Vを宇和待っている可能性が浮上しました。

以下は11月23日時点での価格.comにおけるAQUOS sense8およびXperia 10 Vのレビュー。

AQUOS sense8↓

Xperia 10 V↓

今回、レビュー評価そのものには当て触れませんが、注目していただきたいのは各モデルの「レビュー数」。

発売2週間のAQUOS sense8のレビュー数が20件なのに対し、発売から5か月近く経つXperia 10 Vのレビュー数はわずか14件。

もちろん、レビュー数の比率が売上台数の売上を正確に表しているとは限りません。

ただ、大まかな目安にはなるはずで、このAQUOS sense8がわずか発売2週間で5か月近く前にリリースされたXperia 10 Vのレビュー数を超えたというのは、確実に勢いの違いを表しているといってよいと思います。

これ、もちろんAQUOS sense8が単に人気というだけでなく、Xperia 10 Vの異常な不人気によるところも非常に大きく、発売から5か月も経ってここまでレビュー数が少ないというXperiaは過去モデルでは前例がありません。

Xperia 10シリーズとAQUOS senseシリーズと言えば、国内での「ハイエンド不況」以来、お互いに主力機種として競ってきた存在でした。

だいぶ前に国内シェアでAQUOSに抜かれたXperiaですが、今年以降はさらに差が開きそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です