Android 14に相当ヤバいバグ!ロックアウトや再起動ループ、勝手に初期化が発生

Googleの最新OS、Android 14。

すでにPixel 6以降のスマホ、タブレットに提供が開始されて1か月近くが経過しており、全体的な評価は上々。
これまではそれほど深刻な不具合・バグなどの報告はありませんでした。

しかし今回、Android 14アップデート後のPixelを特定条件下で使用する際に発生する、かなり「致命的」とも言えるレベルの重大なバグが発見された模様です。

テクノロジー関係のメディアでは非常に信頼性の高いars Techinicaが伝えたもので、これによると、Android 14へアップデートをしたPixel 6シリーズやPixel 7シリーズ、Pixel Tablet、Pixel Foldで、複数プロファイルを設定していると、ユーザーがデバイスのストレージからロックアウトされ、デバイスが「使えなくなる」というもの。

この問題は当初、Pixel 6シリーズのみで発生していると言われていましたが、その後被害報告が拡大。他のシリーズでも広範囲に発生していることが明らかになってきたようです。

Androidのユーザー・プロファイル・システムは、1つのデバイスで複数のユーザーを使用することができたり、また、「ホーム」と「仕事」のプロファイルを分割することで、重複するアプリを介して、仕事のデータと個人的なデータを分けて管理することができます。

しかし、今回のバグでは一つの端末に複数のプロファイルを設定して使っている場合に、特定のプロファイルのデータストレージにアクセスできなくなり、その結果、端末が再起動ループを繰り返したり、さまざまなエラーメッセージが表示、場合によっては端末が完全に工場出荷状態に初期化される例も発生している模様です。

そのため、同サイトでは複数プロファイル設定をしたPixel端末を使用している場合はできるだけ早くバックアップを取ることを勧めています。

また、同サイトによると、Googleは通常、OSにここまで深刻なバグが見つかった場合はすぐにでもOSアップデートのロールアウトを停止するそうですが、今回それがされなかったことに疑問を呈しています。

一方、同サイトによると、GoogleのIssue Trackerと見る限りではまだGoogle側もこの問題を認識しておらず、修正に向けた対処は開始すらしていないとのこと。

よって、現時点ではこのバグが次回以降のアップデートで修正される見込みはないということに。

複数のプロファイルで端末を使用しているPixelユーザーというのはそれほど多くはないと思いますが、被害を考えるとこれは相当深刻な不具合と言えます。

同条件でPixelを使用している方は複数プロファイルの使用自体をしばらくやめるか、データのバックアップを早急に取ることをおすすめします。

なお、この不具合がPixel限定で発生するものなのか、他メーカーのモデルでもAndroid 14アップデート後に発生するものなのかは不明。
後者だとバグの深刻さからすると、アップデートの提供時期がずれ込む可能性すらありそうです。

Pixel 8シリーズでデータ通信時の異常発熱とバッテリー異常消費の不具合報告多数

Googleの最新フラッグシップ、Pixel 8シリーズ。

この最新Pixelでデータ通信に絡む端末の過熱問題および異常なバッテリー消費の報告が複数挙がっていることが明らかになりました。

Android Policeが伝えたところによると、現在、RedditやGoogle公式フォラム、XDAなどで、Pixel 8およびPixel 8 Proでデータ通信をしていると端末が過熱し、バッテリーの消費速度が異常に速くなる、といった報告が「大量」にでているとのこと。

また、一部のユーザーはこの状態になるとデータ通信自体が途切れたりするといった通信不具合も発生しているとのこと。

一方、この問題はWi-Fi通信時には発生せず、また、同じデータ通信時でも5G通信でのみ発生するといった報告も上がっています。

そのため、通信設定を4G通信のみにすることでかなり症状が緩和されるという報告もあります。

データ通信時の発熱と異常なバッテリー消費はPixel 6シリーズでも一時期大きな話題となり、これについてはサムスン製の通信モデムに原因があったとも言われています。

ただ、この問題は後の何度かのアップデートで徐々に改善したようで、現在では以前ほどひどい発熱・バッテリードレインの報告は見かけなくなりました。

よって、このPixel 8シリーズでも今後のソフトウェアアップデートで症状が改善するという可能性もあります。

なお、この一連の不具合は発売直後はあまり見られず、ここ1週間ほどで急増している模様。
よって、最新のGoogle Playシステムアップデートなどがトリガーとなっている可能性もありそうです。